Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

サイゴンのちょっと短い日⑬(2018ベトナム訪問記)

 

 

majesticsaigon.hatenablog.jp

 

戦時下の動物園だった

 サイゴン動物園で、アヒル隊長に出会った私は、一つ会釈をしてレトロな城門をくぐる。

f:id:Witness1975:20180515221551j:plain

 城門をくぐると、運河沿いの区画に出た。日差しを避け、日陰に身を寄せ合うシカ達の姿が見えた。

f:id:Witness1975:20180515222238j:plain

 そんなにもこもこでは、身を寄せ合っても暑かろう、と思われた。このシカ達は、「サイゴン陥落」の戦禍を免れ、命を繋いできたのだろうか。近藤紘一の著作に、次のような一節がある。

 ただ、歓声こだます園内の空気とは対照的に、肝心の檻の住人達の姿はひどく見すぼらしかった。もともと戦時国家の動物園であるから”収容者”らの数や種類は豊富でない。

 ライオンなど一部を除き、ほとんどが国産品のシカ、ヤギ類だ。

(「目撃者」収録 世界の動物園より)

f:id:Witness1975:20180515222201j:plain

  ライオン等とともに”収容”されていたというインド象も健在である。近藤さんが訪れた当時の像は、山岳地帯で”御用”になった山象だったというが、この御仁らの産まれはどこであろうか。

 

f:id:Witness1975:20180515223127j:plain

 うなだれるクマ

f:id:Witness1975:20180515223012j:plain

 南国の動物園、という趣がある。

f:id:Witness1975:20180515223038j:plain

 ときおり、独特のセンスの像が現れる。

f:id:Witness1975:20180515222947j:plain

 動物園にはやはり、子どもたちの歓声が似合う。

 

<⑭に続く>

  

1000文字で分かる「近藤紘一」 - Witness1975’s blog

 

 

世界の動物園

世界の動物園

 

 

 

ほんとのおおきさ動物園

ほんとのおおきさ動物園