読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

1927年、フットボーラー近藤 ー極東選手権競技大会ー

近藤家の人びと

 かつて、極東選手権競技大会(The Far Eastern Championship Games)という競技会が開催されていた。

 1913年から34年まで、10回実施されたこの大会は、フィリピン、中国、日本の3か国を順次開催地として開かれたが、「満州国」参加に関して日中が激しく対立、規模縮小、戦争により中止となった。(ー日本大百科全書(ニッポニカ)より抜粋)

 

 1927年、第8回大会に旧制水戸高校(現茨城大学)から出場した一人の若者がいる。この21歳のサッカー選手の名は、近藤台五郎という。

 ジャーナリスト近藤紘一の父である。近藤紘一もフットボールをやっていた、と同級生のNHKアナウンサー吉川が語っていたように思うが、あるいはサッカーを通じた親子のやり取りが、このあまり円滑でない間柄であった親子の、幼少期の交流の一つであったかもしれない。

 

 ところで、この極東選手権大会の出場選手は、当時の「サッカー日本代表」であった。現在も、日本代表のホームページに記録が残されている。

 この試合を経て、旧制水戸高校を卒業し、父次繁の意向に沿って東京・神奈川へ戻り東京帝国大学へ進んだ台五郎は、医学の道を進み、サッカー界から距離を置いたものと思われるが、近藤紘一の父、台五郎はサッカー日本代表だったのである。

代表TIMELINE | SAMURAI BLUE サッカー日本代表| 日本サッカー協会

 

 近藤紘一に峻烈な壁として立ちはだかったという、名医の頑強さは、あるいはこうした経歴によるものであったのかもしれない。上海で行われた大会の13年後、戦時中の1940年、34歳となった台五郎の長男として、紘一は誕生することになる。

 

 

日本サッカー史―日本代表の90年 (サッカー批評叢書)

日本サッカー史―日本代表の90年 (サッカー批評叢書)

 

 

 

胃腸の病気 (1960年) (創元医学新書)

胃腸の病気 (1960年) (創元医学新書)

 

 

必携の書

近藤紘一コラム

近藤紘一には、2冊の必携の書があった。サイゴン陥落後、日本大使館に滞在することとなった近藤は、大使館のソファーに寝転がり、失神小説(※三文小説の意か)を手に取りつつ、彼にとって必携の書を携えてこの地に乗り込まなかったことを悔やんだ。(サイゴンのいちばん長い日より)

 

近藤は、旅先には必ず斎藤茂吉の万葉秀歌とレマルクの凱旋門を持参したという。このうち万葉秀歌は、異国に暮らす自分を確かめる書物として、万葉の歌を読み、日本の風景を思い浮かべた・・・今から40年前、インターネットもなく、電話も満足に使えない時代のことである。この時代の異国というのが、今に比べて如何に遠いところであったのか、と思わされる。自分は日本人であり、どのように事態に処すべきか。自分を見失わないための本であったという。

 

もう一冊、レマルクの凱旋門は、現実から逃避するための書であった。近藤はこの本について、「甘えたくなるような言葉がたくさん並んでいる」と書いた。著者が処女作として、サイゴン崩壊の熱量が冷めやらぬうちに書かれた「サイゴンのいちばん長い日」にさりげなく書かれた一文に、近藤の抱えていたものが現れているように思われる。

 

レマルクの凱旋門には、かつて妻を亡くした近藤の心情に想いを馳せれば、「甘えたくなるような言葉」が並んでいるように思える。第三者である私からすれば、近藤がこうした言葉を必要としていたのだ、と考えるとある種の痛みを感じざるを得ない。

 

サイゴン崩壊という、一国が崩壊する過程の最中にあっても、後悔の念が心を離れることはなかったのではないか、と思う。しかし、この凱旋門に、近藤を勇気づける言葉が並んでいたのなら、この書物の力をバネに、近藤はサイゴンでの過酷な日々を乗り切り、インドシナ地域のレポートをし続けたと言えるのかもしれない。

 

 

凱旋門

凱旋門

 

 

近藤紘一さんに関心のある方、お持ちになった方へ                                                -   乱雑なブログとなっていますが、よろしければぜひコメントをお願いします。近藤さんついて語れる場の一つになればよいな、と思っています。