読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

日本人の国際化について

 現代は国際化の時代とよく言われるが、私にはこのことについて大いに疑念がある。確かに交通手段やインターネットによって、物理的、電磁的に日本と世界の距離は縮まっている。例えば私も留学中の従兄弟と連絡を取ることができ、至極便利である。

 また、スポーツに目を向ければサッカーや野球のワールドカップが開催され、一部の日本人は海外で脚光を浴びている。そうしたことにも拘わらず、見た目に見えるほどに日本人の国際化というのは進んでいるのだろうか?

 

 それは日本人の精神の、国際化の問題と言ってもいいかもしれない。ベトナム戦争終結を見届け、ベトナム生まれの妻子を伴って活躍した近藤紘一(1940-1986)は、確かな国際感覚を持っていたように思う。その近藤紘一の遺した短文の一つに、「知識人の役割とジャーナリスト」がある。その中で近藤は、小林秀雄(1902-1983)を評して、「昨今の有象無象のオピニオンリーダーとはケタも次元も異なる、最高度の知識人であった」と述べた。近藤のわずか数行の文章に影響され、私は小林秀雄を読んでいる。その名前はこれまで触れた本の中でしばしば登場する名前であった。

 

 小林秀雄は近代批評を確立させた人物として知られる。その小林秀雄が評した人物の一人に、文士、正宗白鳥(1879-1962)がいる。小林や正宗が戦前に残した文章の中には、外国での滞在を描いた小文があるが、彼らの描いた問題意識や、外国の感じといったものは、そのまま現代に当てはまることが多いように思う。ましてや、より的確に本質を見抜いているのではないか?と思われる。むしろ70年も、80年も前に書かれた文章の方が、世界に対する距離の近さを持ってはいないか。

 

 もしかすると、日本が海外領土を持っていたということも影響するかもしれない。山月記で有名な中島敦(1909-1942)が書いた「環礁-ミクロネシヤ巡島紀抄-」は、パラオが日本領だった頃の記録である。南洋庁の官吏として赴任した中島は小島を巡るが、それらの島々には日本人の巡査や、校長が、どんな島にもいるのである。領土であるとは、そういうことだ思わされる。無論、原住民への接し方は前時代的なものがあるが、その感覚はその時代の常識であったのだろう。

 

 あるいは、紀行文というものが流行らなくなっただけなのだろうか。海外に滞在し、力のある文章を書くことができる作家がいなくなったのか。文学として読むことのできる、近年の優れた紀行文というものを私は沢木耕太郎の著作しか知らない。もちろん視野の狭い私が知らぬだけということはあろう。

 

 小林秀雄と数学者岡潔との対談で発せられた「世界の知力が低下している」という警鐘は日本にも当てはまり、それは今も続いているのだろうか。

 

 昨今、ヘイトスピーチなどという低俗なものがあるという。近藤紘一は「戦火と混迷のインドシナ」の中で、「四方を海に囲まれ、地続きの国境を持たない私たちは、良くも悪くも、いわば処女的な狭量さを身に付けた民族と思える。狭量さとは、自分たちのそれとは状況の異なる世界で生じていることがらを理解することがきわめて不得手、という意味である。」と述べている。それに続けて、例えば「民族感情」というものの厄介さを理解できていない、と述べる。

 

 近藤は続けて、「ほんの少し前まで一部の日本人が抱いていた”対朝鮮人感情”を思い起こせばいい。明らかに愚劣で、日本人としてなお恥続けなければならぬ感情だが、それは確かにかつて存在したのだ」と書いた。

 「かつて存在した」という愚劣な感情が、いま日本において盛り上がっているとすれば、これは日本人の国際感覚が退化しているということではないのか・・・あるいは世界の情勢を見れば、これは世界の知識の低下なのだろうか。

 

 国際感覚だけではない、開高健(1930-1989)は「政治家の汚職だろうと、個人の私行だろうとモンダイなるものが発生すると、たちまち集団ヒステリーを起こしてシロかクロかの議論だけしかできなくなるニッポン人の全体主義風の心性にはがまんがならないが、これはどうやら根がどこまではいっているのかまさぐりようがないくらいしぶとく、そして卑小である。その心性が明も生みだし、暗も生みだすのだが、今後もずっと肥大し続けることであろう」と述べたが、まさに予言的中と言えるであろう。

 

 現代人が、明治以来の先人を越える国際感覚を持ち得ているとは、私にはどうも思われない。これは私の穿った見方であるのだろうか・・・

 

 

 

 

開高 健 電子全集18 50代エッセイ大全

開高 健 電子全集18 50代エッセイ大全

 

 

サイゴンから来た妻と娘の結末 -彼の名は-

 1975年4月30日、サイゴン陥落ー。

 長く続いたベトナム戦争終結を見届けた新聞記者、近藤紘一は、陥落直前の状況を以下のようにレポートした。「サイゴンはいま、音を立てて崩壊しつつある。つい二カ月前、いや一カ月前まではっきりと存在し、機能していた一つの国が、いま地図から姿を消そうとしている。信じられないことだ・・・」

 

 近藤は、南ベトナムが消えゆく過程と「その後」を、大宅壮一の編集した「日本のいちばん長い日」になぞらえて、「サイゴンのいちばん長い日」として刊行した。近藤は歴史的な事実の目撃者として、その激動の日々に身を置いた。

 

 そして、この事実とは別に、近藤紘一にはもう一つの物語が生まれた。この物語こそが「サイゴンから来た妻と娘」である。近藤にとって2冊目の作品となったこの本は、1975年4月9日、戦況の悪化するサイゴンから南ベトナム国籍の妻を日本に送り返すところから始まる。玄関口であるタンソンニュット空港が陥落すれば、ベトナム国籍の彼女の出国は困難になるだろう、との予測からであった。

 

 実はこれ以前に、近藤紘一は妻であるナウさんと、その連れ子であるユンちゃんとともに日本に一度帰国している。戦況の悪化を受けて現地サイゴンに飛んだため、4月上旬の時点では、ユンちゃんは日本の知人に預けられていたのだろう。

 近藤は、「サイゴンから帰ってきた夫、そして父」として、日本に帰り、それからの近藤一家の日々が、前述の「サイゴンから来た妻と娘」に収められているのだ。

 

 当時は今よりずっと国際結婚の珍しかった時代である。沢木耕太郎深夜特急で描いた旅も1970年代前半だが、外国に向かう人にカンパをするというのも一般的なことだったのではないかと思われるし、インターネットのない時代に異国に触れるカルチャーショックというのは、2017年の比ではない。

 

 しかし描かれるのは、ベトナム式子育て法に始まり、食生活、異国で思春期を迎えた娘、日々の暮らし・・・暖かく、ユーモアに溢れた家族の記録である。その暖かさには普遍的なものがある。子どもを持った人が読んだなら、幼い子供と過ごした日々を懐かしく思い出されるかもしれない。

 

  さて、この記事のタイトルには「結末」という文字を使用した。その理由は、とある週刊誌記者の悪意ある(と、私には思える)記事のため、近藤家族に訪れる「衝撃結末」などという情報が検索エンジンで上位にヒットするからだ。そのような悲劇は実際なかったように思われるし、少なくとも両論併記に当たるものとしてこの記事の存在価値があると思っている。

 であるからもし、これから「サイゴンから来たと妻と娘」を手に取ろうとする方がこの記事をお読みになっていたならば、この記事の続きを読まずに近藤紘一氏の原文を読んで頂きたい。シリーズを読破されましたら、再び当ブログを訪れていただければ幸いです。

 

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

 

 

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 ・・・そしてこの作品は後の、「バンコクの妻と娘」、「パリへ行った妻と娘」へと続いていく。近藤紘一はインドシナ地域の優れたウォッチャーとして取材活動を続けて行くとともに、ある信念を持って娘を育てた。それは決して、娘を「祖国を亡くした根なし草」にさせないということである。かつてフランスの植民地であったベトナムの学校において、ごく初歩的なフランス語を習っていた娘をフランス語学校へ進めると、ときには厳しく娘にフランス語を叩きこんだ。

 

 やがてユンちゃんは立派に成長し、フランスの大学進学試験に相当するバカロレアに合格するまでになり、「パリへ行った娘」となる。まだ成人しない娘のために、ナウさんもパリにサポートに向かった。

 この頃、ナウさんはパリでアパートを買い、娘とともに暮すことになる。このアパートをナウさんの若いころの彼氏であるという「ボロー氏」が訪れていることが、「パリへ行った妻と娘」で近藤により描かれている。おそらくこうした出来事を指して、近藤が日本に取り残され、妻と娘がパリで知らない男と暮らしている「衝撃結末」というデマのもとになっているのではないかと思う。

 

しかしながら別の理由で・・・近藤紘一を語り手とする暖かな家族の物語は、近藤紘一の早すぎる死によって一旦幕引きをすることになる。

 

 しかし結末となる、物語のエピローグはこうだ。

 大人になったユンちゃんは、やがて作中に登場するフランス人の青年と結婚し、二人は男の子をもうける。

 

 彼の名は、ジュリアン・コウイチ。近藤紘一の孫である。コウイチの物語は、今も続いている。

 

 

 

 

1 地球の歩き方 aruco パリ 2016~2017 (地球の歩き方アルコ1)

1 地球の歩き方 aruco パリ 2016~2017 (地球の歩き方アルコ1)

 

 

 

 

近藤紘一さんに関心のある方、お持ちになった方へ                                                -   乱雑なブログとなっていますが、よろしければぜひコメントをお願いします。近藤さんついて語れる場の一つになればよいな、と思っています。