Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

伝説の編集者 新井信

伝説の編集者 新井信

 1979(昭和54年)、大宅壮一ノンフィクションをダブル受賞した人物がいる。文芸春秋社においてノンフィクション部門の編集者として従事した新井信(あらいまこと)氏である。

 彼が担当編集者として刊行した、近藤紘一の「サイゴンから来た妻と娘」と「沢木耕太郎の「テロルの決算」が、第10回となる同賞を受賞したのだ。編集者冥利に尽きる、吉日であったと言えるだろう。

 

二つの受賞作

 近藤紘一の「サイゴンから来た妻と娘」は、サイゴン陥落を見届けた近藤紘一の、べトナム出身の妻と娘との生活を描いた物語である。我が国と外国の異文化交流を家族の絆を通して描いた傑作と言える。

 また、沢木耕太郎氏の「テロルの決算」は、右翼少年であった山口乙矢が、社会党浅沼稲次郎を視察した日本の歴史的なテロ事件を、ニュージャーナリズムの旗手と評される沢木が記した名作である。

 これらの作品を編集し、私が敬愛する作家二人の担当編集とあれば、伝説の編集者と言われることに異論はない。1940年生まれの近藤、1947年生まれの沢木耕太郎にとって1937年生まれ、今年80歳を迎える新井は信頼すべき年長者であったろう。

 

近藤紘一 その死と再生

 2013年、近藤紘一の「サイゴンから来た妻と娘」の新装版に、新井が「l近藤紘一 その死と再生」と題するあとがきを書いた。最近、本屋でこのあとがきを再読して私は、自身と近藤紘一作品との出会いを思い出した。

 私は本を買う前によく、あとがきに目を通す。今般、新井の「あとがき」を読んで、私の近藤紘一観というべきものが、いかにこの新井信のあとがきに影響されているかを思い知った。はじめに近藤紘一の作品を読む前に、私はこのあとがきに目を通していたのだ・・・このあとがきは、もちろん短文だが、近藤紘一の死後に発表された彼に関する文章の中で、一級品であると言っていい。私の書くいくつもの記事より、どれほどの価値のあるものか・・・ 

 編集者としていくつもの作品を手掛けた新井の文章は、有象無象のノンフィクションライターの力量を軽く凌駕している。

 

近藤紘一を読む。

 そして私は、近藤紘一の作品等に関しこのような文章群を書く価値があるか、と自問することになるのだが、同日に読んだ小林秀雄に文章に、以下のような一節があった。「「文は人なり」といふ言葉は、大した言葉で、何の彼の言い乍ら、文学の研究法も鑑賞方法も、この隻句を出ないと見えるものであるが、この簡明な原理の万能を信ずる為には、作者との直の付き合いなどない方が好都合である。古典の大きな魅力の一つは作者が死に切り、従って作品を一番大切な土台として、作者の姿を思い描かざるを得ない魅力である。(一部現代語訳)」という一節を見た。

 この言葉を信ずるならば、近藤紘一氏を直接にも間接にも知り得ない私が、近藤紘一の文章を読んでいく価値がありはしないか、とも思う。

 

あとがき

 一方で私は、新井信氏のあとがきを読み、生前の近藤紘一に想いを馳せる。そこには、編集者と作家という枠組みを超えた、一つの強く確かな人間関係がある。そのように感じられるからである。

 

 

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

 

 

 

新装版 テロルの決算 (文春文庫)

新装版 テロルの決算 (文春文庫)

 

 

 

実録・天皇記 (だいわ文庫)

実録・天皇記 (だいわ文庫)

 

 

1000文字で分かる「近藤紘一」

近藤紘一とは 

 近藤紘一(1940-1986)は、東京都出身のジャーナリスト、作家。サンケイ新聞の特派員として、「サイゴン陥落」を見届け、そのベトナム戦争終結の場面を「サイゴンの一番長い日」として刊行した。

 インドシナ地域を中心に国際報道に携わりながら、ベトナム出身の妻と娘との生活を描いた「サイゴンから来た妻と娘」等の作品を生み出す。同作が第10回大宅壮一ノンフィクション賞沢木耕太郎の「テロルの決算」と同時受賞するなど活躍した。

 

幼少期~サンケイ新聞入社(~1964年)

 医師である父近藤臺五郎の長男として生まれる。5歳のときに終戦、神奈川県逗子市で育ち、少年期には流鏑馬の稽古に励む。湘南高校を経て早稲田大学仏文科に進学し、首席で卒業後、サンケイ新聞に入社、静岡支局勤務となる。翌年、駐仏大使萩原徹の長女浩子さんと結婚する。

 

フランス留学~サイゴン勤務(~1971年)

 海外留学生として夫婦でパリに渡る。同時に特派員として「プラハの春」を取材する。帰国後の1970年、夫人と死別する。1971年30歳の時、南ベトナムサイゴン支局長として赴任。

 

サイゴン勤務~サイゴン崩壊(~1975年)

 ベトナム人のナウさんと出会い、1972年再婚。娘のミーユンほかの親族とともにナウさん所有の「幽霊長屋」に暮らしながらベトナム問題をレポートする。開高健司馬遼太郎等を現地で迎えるなど、サイゴン支局長としての任期は最長となる。1974年に一時帰国するも、戦況の悪化を受けてサイゴンに戻り、サイゴン陥落を目撃する。

 

バンコク勤務~帰国(~1983年)

 日本へ帰国後、「サイゴンから来た妻と娘」を出版、その後1978年にバンコク勤務となる。引き続き東南アジア地域についてレポート。カンボジアポル・ポト政権下のキリング・フィールドを生き抜いた日本人女性の体験談を取材した「悲劇のインドシナ・戦火と混迷の日々」、「バンコクの妻と娘」等を執筆する。

 

帰国後(~1986年)

 古森義久と共著で「国際報道の現場から」を刊行。小説の執筆も始め、初小説「仏陀を買う」が中央公論新人賞受賞。1985年、体調を崩し入院、1986年1月27日、胃がんのため虎の門病院にて息を引き取る。

 

終わりに

 沢木耕太郎は、近藤紘一の死を「途上の死」と評した。まさにこれから、だったのだ。ここに記した文章は、全く彼の魅力といったものを表してはいない。わずかな活動期間の中で彼がどのように豊かな文章群を残したか、その原文を確かめて頂ければ幸いである。 

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

 
サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))