Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏(1940-1986)について

イラン情勢が荒れている

情勢は急転する

「すまないが緊急事態だ。大至急テヘランに飛んでくれ」

二、三週間来、小康状態にあったイランの国内情勢が再度急転して、パーレビ王政の行く手が怪しい、このまま一気に革命に突入して、王政が崩壊することになった、という。何というタイミングの悪さか。こっちは引っ越し騒ぎの真っ最中なのである。

 近藤紘一のバンコク暮らしは、順風ではなかった。2020年の今、アメリカとの関係でイラン情勢は大変な緊迫を迎えている。1979年当時、近藤さんが引っ越しをー奥さんと娘もー放り出して?向かったのは、後に「イラン革命」と呼ばれる取材の現場だった。

すべては1979年から始まった: 21世紀を方向づけた反逆者たち

すべては1979年から始まった: 21世紀を方向づけた反逆者たち

 

 

飛んでイスタンブール

ボンベイ(※現ムンバイ)、ドバイ、バグダードと行く先々で現地入りを試みたが、テヘランのメヘラバード空港がすでに軍により閉鎖されてしまっているので、全便欠航である。結局、はるかイスタンブールまで飛んで、数十時間後、国外脱出に血眼の米国人を救出するために特別救援機に便乗し、ようやく現地にたどりついた

 やがて、パーレビ王政は崩壊し、亡命先のパリから革命の指揮を取っていたホメイニ師が凱旋する。ホメイニの思想に基づくイスラム共和制の理念に基づき、イスラム法学者から選出されるのがイランの最高指導者であり、2020年現在この最高指導者の地位にあるのが1989年、ホメイニの後に選出されたハメネイ師である。

 

想像すること

 今後の情勢がどうなるのかは、予断を許さない。近藤さんは言っている。

いちばん参ったのは町中で血相を変えて騒いでいるヒゲもじゃのイラン人達の発想・行動パターンがどうも私たち純アジア人の尺度では測定しにくいことであった

 インドシナ屋の近藤さんが言うのは、イスラム教徒の考えていることなど理解に苦しむ、と言うことではあるまい。全く違う地域で、違う宗教と生活習慣をもって暮らす人々の行動を「予測する」ようなことが、一朝一夕にできはしない、ということに過ぎない、と思う。彼らには彼らの言い分が当然ながらある。

 「現代」に住む我々は、常に歴史を軽んじる傾向にあるのかもしれない、と思うこともある。ベトナムがかつて南北に分断して争ったことを知らない若者もいれば、イランの王政が革命によって崩壊したことを知らない者もいる。私も近藤さんの著作に出会わなければ、イランの政治体制などについて想像することもなかったかも分からない。

 

2020年

 イラン情勢の緊迫によって、思いもよらずブログを更新した。ブログに関する私の近況は、近藤さんの従兄弟である近藤幹雄氏が登場する「PANA通信社と戦後日本」を購入したものの、私には「朝鮮戦争」に関する知識が圧倒的に不足していることに気がついた。戦後日本は、朝鮮戦争による戦争景気によって急速な経済復興を遂げた、と言うことを除いてはー。

 そこで手を出したのが、「ベスト・アンド・ブライテスト」でベトナム戦争に突き進む1960年代のアメリカ、ケネディとジョンソン政権における安全保障政策担当者たちについても書いた、ニューヨークタイムズの記者デイヴィッド・ハルバースタムの書いた「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」である。私の想像力は今、朝鮮戦争を戦っている。 

 

 

 

ジョーダン

ジョーダン

 

 

ギュウ詰めのスズメ。

鳥が好き 

 私は、たぶん鳥が好きである。その辺に鳥が飛んでいれば、何の鳥だろう?と思う。スズメ、ヒヨドリハクセキレイ、まあカラスはどこにでもいるが、カッコウ、ウグイス、カワセミやヒタキも何度か見たことがある。

 その鳥の名を知らなければ、みんな「あ、鳥だ」としか言わない(思わない)から、身近なあの鳥は「○○だ!」と思う私は、おそらく鳥が好きなのである。このブログでも「ゴ・ジン・カンのオウム」について書いたことがある。もちろん、近藤さんの「目撃者」に収められている「独裁者のオウム」のことだ。

f:id:Witness1975:20180709211953j:plain

 

トリノトリビア 

 最近、私が心を掴まれたのは「トリノトリビア」という本だ。昨日まで、上野で行われているゴッホ展を見に行くために小林秀雄の「ゴッホの生活」を読んでいたのを放擲して、つい、読み進めている。コンテンツの半分は、かわいらしい漫画である。

 例えばスズメのトリビアを一つ。スズメは砂地で何かをついばんでいる。草の種でも飛んできているのか、と思っていたが、あれは本当に砂を食べているらしい。砂が、消化を助けるのだそうだ。恐竜は消化を助けるのに石を食べると聞いたことがある。やはり鳥は、現代の恐竜なのだ。

 

スズメのこと

 日本では、身近な鳥の代表はスズメだ。とてもかわいい。「トリノトリビア」にも、身近なスズメのエピソードが多数登場する。私が思い出すのは近藤さんの「サイゴンのスズメとテヘランのスズメ」だ。周知のように近藤さんは、動物たちが大好きで、スズメにフィーチャーしてくれたのが、この回だ。

スズメという鳥は、私が知るかぎり。世界中どこの街にもおり、なかば人間社会に融け込んで暮らしているが、ちょっと注意してみると、その姿形や対人関係の質や濃淡は、国により土地によりかなり異なる。

 当時のサイゴンでは、市場でぎゅうぎゅう詰めにされたスズメにお目にかかれたという。ぜひ原文を読んでもらいたい。とにかく、サイゴン市場のおばさんたちによって、ぎゅうぎゅう詰めにされて気の毒なのである。それでもって、スズメはうまいらしい。近藤さんが言うなら、私も食べてみたい。かわいそうだけれど・・・それとこれとは、別のお話だ。

 

f:id:Witness1975:20191202214108j:plain

 

各地のスズメ

 サイゴンバンコク、パリのスズメ。近藤さんも様々なところでスズメに出会ったが、私も近藤さんの著作に出会うまでに、いくつか諸外国の雀に出会った。やっぱり日本のスズメとはどこか違う気もする。

f:id:Witness1975:20191202213952j:plain

 2枚の写真のスズメは、パリのスズメだ。近藤さん曰く-

 パリのスズメもみすぼらしい。公園で物欲しげにベンチの周りをうろついてる奴らの体色が少々緑がかって見えるのは、パリジェンヌのダイエットにならってサラダばかり食べているせいなのか。

 一方、誉められているのはー

 私がこれまでに見た中で最も立派なのはテヘランのスズメ達だった。

  と、テヘランのスズメ達である。いつかテヘランを訪れ、日本から何しに来たんだ?と聞かれたら、「ちょっとスズメに会いにね」と言うのも面白いかもしれない、などと思ってみた。スズメは英語で、「sparrow」だ。忘れないでおこう。

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ