Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏(1940-1986)について

スファヌボン・パテト・ラオの夏

私は,旅が好きだ。

 沢木耕太郎流に言えば,軽度ではあるものの,旅という病にかかっているのかもしれない。この数か月,何度「旅に出たい」と思ったことだろうか。思い立ったが吉日,とばかりに家を出ることができないのは,「枷」である。

 プライベートジェットでも持っているなら別だが,旅に出るには,公共交通機関に限る。自家用車では,常に道路状況に気を配らなければならず,日常の義務感から解放されるという旅の効果が減殺されるからである。

 一,二時間ほど電車に揺られる間,いつもとは違った景色が目に飛び込んでくる。普段は気にも留めない緑の色合いや,雲の流れに気づく。旅に出たときに,太陽は美しい,などということを実感するのである。観光という言葉はおそらく明治の訳語だろうが,光を観るとはまことにうまい訳を当てたものだ,と思う。

 そのような旅のさなかに,ああこんなことを書こうかな,と思うものだ。つまり,ここまでの文章はブログの更新が遅れた言い訳なのである。書き始めれば,書けないことはない。が,書き上げた段階で公開に値せず,ということも多いのだ・・・。

 

ビエンチャン,8月10日

 さて,本日は8月10日である。近藤紘一の「目撃者」を開くと,1972年「ラオス和平機運【ビエンチャン八月十日】」の記事がある。今から,48年前と考えると,それは随分昔のことのように思える。

 ラオス問題は,先のプーマ首相とスファヌボン・パテト・ラオ(ラオス愛国戦線)議長の書簡の往復や,パテト・ラオ大物特使のビエンチャン入りなどで和平機運が盛り上がっている。

 このように記事が書かれているが,今となっては?何のことやらさっぱりわからぬ。私はラオスについて,首都がビエンチャンであること以外に何も知らぬ,ということに気が付いた。

 ラオスは,サイゴン陥落後の1975年12月に社会主義国ラオス人民民衆共和国が樹立されており,現在の人口は約691万人だという。ブリタニカ国際百科事典によると,スファヌボンは「「赤い殿下」の異名をとるラオスの革命家」で,現代ラオスではかなり重要な人物であるらしい。・・・当面の間ラオスは,私にとって謎の国であり続けるらしかった。

 

 

-閑話休題

競馬の神様

 先日,競馬の神様の本を手に入れた。「競馬の神様」と言われた大川慶次郎は,一日の全レース的中を複数回成し遂げた,競馬好きにとっては著名な人物である。大川は,「競馬場に天皇皇后陛下をお迎えする」ー競馬をロイヤルスポーツの域に格上げする」ことを大目標としていたらしい。実はこの大川は,渋沢栄一の曾孫である。その話題の中で,大川さんにもスポットライトが当たるとよいな,と思っている。

 

 

 そんなことを思いながら,別の本を開いた。1867年,フランスで万国博覧会が開催された。幕府の代表は,水戸藩徳川斉昭の子で,徳川慶喜の弟にあたる徳川昭武。その随員の中に,渋沢栄一が選ばれたことが書かれていた。私は,渋沢栄一との縁が強くなっているのを感じた。願わくば,印刷された渋沢栄一との縁も深くありますように,と思ったりした。

 

あとがき

本日は8月9日であった。慎んでお詫び申し上げる…

目的論

パソコンを買った話

 私のブログの更新を阻む最大の障壁は,パソコンの起動速度だと思っていた。唸りをあげながら,起動するのを待つこと数分,といったことをたびたび繰り返し,無駄な時間を過ごしているのではないか,という思いは次第に強くなった。

 昨今の情勢下,このパソコンではZOOM飲みに参加できぬ,と10年ぶりにパソコンを買った。大事に使っていたから躯体は光沢を保ち,傷一つない。大事に使っている道具が,時世の変化によって用を為さなくなるのは,どうも腑に落ちない気がする。

 そんなわけで,先日私の壁は取り払われたわけだが,ブログをすぐに更新することができなかった。なぜか。「アドラー心理学」はこのような事態をうまく説明してくれる。

 

アドラー心理学の目的論

 著名な心理学者といえば,フロイトユングだが,諸外国では,アドラーも著名な心理学者らしい。その心理学の,大きな違いはフロイトらの説く「原因論」をアドラー心理学が否定する点であるという。

 つまり,原因論は,「パソコンが古いからブログが更新できない」という因果律をロジックとするが,アドラー心理学はこれを否定する。

 アドラー心理学が説くのは「目的論」である。これによれば,「ブログを更新したくない」という目的が先にあり,その目的を達するために「パソコンが古い」という言い訳を用意するのである。(いや,私はあくまでもブログを更新したいのだが・・・どこかで,不完全な文章を公開したくない,という思いもあるのかもしれない。)

 

長い前置きの終わり

 こうしてみると,例えば新型コロナウイルスが影響して,県外ナンバーの車が迫害されている,といった報告が各地でなされているが,「迫害者」は誰かを攻撃したいという目的を持っている。その目的のために,コロナウイルスは格好の口実を与えている,ということがわかる。「目的が,先にある。」このロジックで物事を見てみると,なかなか合点のいくことがある。

 

”香港”で酒を

 非常に前置きが長くなったが,この現実世界で,自分の身に直接影響しない事柄のうち,最も私が憂慮しているのが香港情勢である。中国の国家安全法が可決され,香港が1997年の返還時に認められた「100年間の高度な自治」が有名無実のものになろうとしている。

 中国には,「一つの中国」という目的がある。共産主義の”やり方”は,既成事実をつくり,それに現実を合わせていく。近年では,スプラトリー諸島の埋め立てが記憶に新しい。国際世論が何と言おうが,残念なことに,北京がその手を緩めることはあるまい,と思う。

 自由な香港で飲んだ酒がうまかった。また,”香港”で飲みたい,と思っている。

 

 蛇足

 ここまで書いて,一区切りかなと思ったものだったが,どうにも文章が不出来ー。何より,近藤紘一が登場していないのが問題だと思う。このように書いて,下書きに戻して非公開になっている記事が実はたくさんある。いずれ,再構成して出したいとは思っているのだが・・・

 さきほど「ローマ人の物語」の塩野七生の書いた「男の肖像」という本を読了した。カエサル西郷隆盛チャーチルなど14人について,その肖像とともに語られている。発行者には,近藤さんの担当編集も務めた新井信の名前があった。ふとした折に,そのような名前や,記述を見つけると嬉しくなる。

  

男の肖像 (文春文庫)

男の肖像 (文春文庫)

 

 

majesticsaigon.hatenablog.jp

 

 最後までまとまらないようだが,さきほど新井さんの名前を見たのでこのブログを確認すると,このブログのアクセス件数がちょうど30,000件に達していた。取り急ぎ記事を更新したかった。もちろん,人によっては大した数でないと思われるだろうが,4年以上細々と続けているられるのも,読者の皆様あってのことで,これからも,できる限り書き続けたいと思っている次第である。