読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

1927年、フットボーラー近藤 ー極東選手権競技大会ー

近藤家の人びと

 かつて、極東選手権競技大会(The Far Eastern Championship Games)という競技会が開催されていた。

 1913年から34年まで、10回実施されたこの大会は、フィリピン、中国、日本の3か国を順次開催地として開かれたが、「満州国」参加に関して日中が激しく対立、規模縮小、戦争により中止となった。(ー日本大百科全書(ニッポニカ)より抜粋)

 

 1927年、第8回大会に旧制水戸高校(現茨城大学)から出場した一人の若者がいる。この21歳のサッカー選手の名は、近藤台五郎という。

 ジャーナリスト近藤紘一の父である。近藤紘一もフットボールをやっていた、と同級生のNHKアナウンサー吉川が語っていたように思うが、あるいはサッカーを通じた親子のやり取りが、このあまり円滑でない間柄であった親子の、幼少期の交流の一つであったかもしれない。

 

 ところで、この極東選手権大会の出場選手は、当時の「サッカー日本代表」であった。現在も、日本代表のホームページに記録が残されている。

 この試合を経て、旧制水戸高校を卒業し、父次繁の意向に沿って東京・神奈川へ戻り東京帝国大学へ進んだ台五郎は、医学の道を進み、サッカー界から距離を置いたものと思われるが、近藤紘一の父、台五郎はサッカー日本代表だったのである。

代表TIMELINE | SAMURAI BLUE サッカー日本代表| 日本サッカー協会

 

 近藤紘一に峻烈な壁として立ちはだかったという、名医の頑強さは、あるいはこうした経歴によるものであったのかもしれない。上海で行われた大会の13年後、戦時中の1940年、34歳となった台五郎の長男として、紘一は誕生することになる。

 

 

日本サッカー史―日本代表の90年 (サッカー批評叢書)

日本サッカー史―日本代表の90年 (サッカー批評叢書)

 

 

 

胃腸の病気 (1960年) (創元医学新書)

胃腸の病気 (1960年) (創元医学新書)

 

 

近藤紘一さんに関心のある方、お持ちになった方へ                                                -   乱雑なブログとなっていますが、よろしければぜひコメントをお願いします。近藤さんついて語れる場の一つになればよいな、と思っています。