Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

サイゴンのちょっと短い日③(2018ベトナム訪問記)

majesticsaigon.hatenablog.jp

 

バイクで街を

 

 朝のサイゴンは、バイクで走ると快適な街だった。今が乾期のせいかもしれない。バイクはトンネルを抜けて対岸の橋で停まり、そこでサイゴン川の流れを見た。

 老人がしきりに川のトンネルをくぐることとを勧め、対岸へ私を連れてきたのも、老人にとってこの大河の下にトンネルがくぐったという事実が大きな驚きであったためなのかもしれない。かつて対岸へは、船で渡るしか方法がなかったのだ。

 確か沢木耕太郎がその著作の中で、街には「somothing happens(何かが起こる街)」と「make something happens(何かを起こす街)」の2種類があると書いていたように思う。私はバイクで風を受けながら、この街は何かが起こる街なのかもしれないな、と感じていた。

f:id:Witness1975:20180313204911j:plain

 

 

Friends

 

 バインミーを食べながら、バイクの老人に退場願おうと思っていた私は、近藤紘一の写真を見せ、「知らないならば用事はない」と言うつもりだった。しかし老人は、近藤さんを「知っている。友達だ。彼はサイゴンに住んでいた。」と言うのだ。もちろんその言葉をそのまま鵜呑みにするほど私も純情ではなかったが、帰ってもらう理由を失ってしまった。

 もう少し、と話を聞くと、老人はミンさん(ヘルメットにDinh Minhと書かれているのに後に気付いた)といって、幼いころ家族とともにサイゴンに来たという。年齢は59歳だというから、サイゴン陥落時には13歳の少年だったはずだ。知っている可能性はゼロとは言えないが、友達だというのは言いすぎだろう。しかし、もしかしたらミンさんは、かつてのサイゴンを感じさせる場所を知っているかもしれない。私は騙されるつもりでバイクに乗ることにしたのだ。

f:id:Witness1975:20180313205035j:plain

マッカイ

 

 橋の上でミンさんは、何度も「マッカイ、マッカイ」と口にした。私はマッコリや、マッコイというテレビのプロデューサー、ガンダムに登場するイカ型の機体等々を思い浮かべたが、「チョロン」という言葉が出てきて、この「マッカイ」が「マーケット」のことだと分かった。

 私の英語力も残念なことにかなり貧弱だが、ミンさんの英語にも相当のクセがあるようだった。

 

チョロン

 

 近藤さんの著作に何度も登場する「チョロン」地区は、中国人街である。ベトナム語で「チョロン」というのは大市場を意味するらしい。一度寂れたチョロンも、再びにぎわいを取り戻していると聞く。私はチョロン地区に行ってみることにした。

 チョロン地区に着くと、ミンさんは市場脇の小さな食堂の娘に3000ドンでバイクを預けた。そのとき、ミンさんは財布に入った証明写真を私に見せ、「私はベトナム軍の兵士だった」といった。その緑の軍服には、確かに見覚えがあった。

 私はミンさんに連れられて布製品の並ぶ一角で、日本語を話す女性から220000ドン(約1100円)でスカーフを買い、コーヒー店では800000ドン(約4000円)でコーヒーを買わされそうになった。「高すぎる」と200000ドンを渡すと、渡されたコーヒーの量も半分になっていた。それにしても、「半分」ということは、最初の提示はやはり2倍以上の高額な言い値だったことになる。

 

旅の覚悟

 

 その後も、私は「安いサンダル」を求めたが、店の主人は”アルマーニ?”のサンダル等を売りつけようとしてきた。既に残りわずかとなった手持ちのベトナムドンを見せると、もう少し安価な”トミーヒルフィガー?”のサンダルが出てきた。結局150000ドン(約750円)でこのサンダルを買ったが、私はその場の空気でなんとなく散財を繰り返したことに気付いた。

 冷静に考えれば、この国では缶ビール1本が65円ほどなのだ。後に、購入した品は少なくとも観光地料金としてみれば「高すぎる」ほどでははないと思えたが、この国のしたたかな人々と交渉する覚悟が、私には足りていなかったと反省せざるを得なかった。しかしながら、このことに気付いたのは、もう少し後の事である。バイクは、再び走る・・・

 

f:id:Witness1975:20180313214717j:plain

 

<④に続く>