Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

サイゴンのちょっと短い日①(2018ベトナム訪問記)

タンソンニュット空港

 

 南ベトナム政府軍がベトナムの中部高原諸省を放棄し、対立を続ける南北間の争いに生じた変化のために、近藤紘一がタンソンニュット空港に降り立ったのは、1975年3月23日のことだった。

 それから約43年後の2018年3月8日深夜、バニラエアJW105便で私はタンソンニュット空港に降り立った。5000円をベトナムドンに両替してから、国際線の到着ゲートを抜けてベトナムの空気を吸うと、空港の建屋に日の丸が埋め込まれているのが目に付いた。現在の国際線ターミナルは、2007年に日本のODA、政府開発援助で建立されたものらしかった。

 熱帯特有の空気を確かに感じながら、控えめに声を掛けてくるバイクタクシーの誘いを断り、薄暗い道を抜けて空港敷地を後にした。

 

サイゴンへ・・・

 

 私はいつかサイゴンに来たかったし、一方で訪れたくないような気もしていた。私の中には近藤さんの著作を通して得たサイゴンのイメージがあり、「そのままのサイゴン」が、ベトナムの統一や、40年以上もの月日を経て残っているはずはないと思えたからだ。高層ビルが立ち並び、すっかり現代の観光都市となっていると思われるサイゴンのイメージを手に入れて帰ってくることに一体どれほどの意味があるのか。

 それにいつか、自分が「再生」したいと思ったときのために「(訪れるのを)とっておきたい」という気持ちもあった。

 また一方で、ベトナムに行ったこともないのにこんなブログを書き続けるのもどうかと思われたし、バニラエアの台湾経由ホーチミン路線がこの3月で廃止になることも知った。・・・つまり結局は、こうしたことの総合のうちに私はサイゴンにやって来たのだった。

 

Mi Lin Hotel(ミーリンホテル)

 

 現地時間は、2時を過ぎていた。深夜のホテル探しも、移動も遠慮願いたかったので、空港から近く安価なホテルを事前に探し、1泊15USDで24時間チェックイン対応している「ミーリンホテル」を予約しておいた。

 勘を頼りに10分ほど歩くと、細長いホテルが見つかった。ホテル前でスマートフォンの動画を見ていた青年が私に気付くと、ホテルのドアを開けてくれた。ベトナムでは通例のようなのだが、パスポートはフロントに預け、チェックアウト時に返却されると説明を受けた。

 通された2階の部屋に荷物を置き、20~30メートル先のミニストップで買い物をするためグラウンドフロアへ降りると、先ほどの青年がロビーに小さな寝床を作っていた。どうやら、その日の最後にチェックイン予定だった私の到着を待っていてくれたらしかった。

 一声かけ、急ぎ買い物をして戻ってきたのだが、部屋の鍵が開けられずに再度手を煩わせることになった。それでも嫌な顔一つせず鍵を開け、「Good night」と言って部屋を後にした青年の態度に私は好感を持った。

 部屋には窓がなく特別きれいでもなかったが、親切なスタッフのいるホテルに1500円程度で泊まれるのだ。私はいい気分で眠りに就いた。

f:id:Witness1975:20180311231048j:plain

 

市中へ

 

 朝起きて腕時計を見ると8時だった。日本との時差は2時間なので、現地時間は朝の6時と言うことになる。朝から、昨日コンビニで買ったビール「333」を開けてみた。昼朝からビールを飲むと、なんだか異国に来た気になる。

 このビールの値段は13,000ドンだったから、日本円で約65円。これを一つの物差しに過ごそうと思った。

 早朝のうちに、市中へ向かおうとホテルの支払いを済ませ、空港のタクシー乗り場へ向かう途中に最初の驚きがあった。通りには、噂にたがわぬバイクの群れと騒音が溢れていた。中心部は、どんな街だろう?

 私はシャトルバス乗り場で、「マジェスティックホテル」と告げた。

 

f:id:Witness1975:20180311231242j:plain