Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

「美しい昔」への反論6

majesticsaigon.hatenablog.jp

 

 「美しい昔(美しい昔 近藤紘一が愛したサイゴンバンコク、そしてパリ/野地著)」への反論は、第6章へと続く。

 

 小林秀雄は、批評とは誉めることだと言っているが、このカテゴリーの文章群は「反論」である。しかし、中傷であってはならず、不正確であってもならないと思う。だから、何度も批判的に文章を読み返している。

 第6章のタイトルは「ホーチミン風景」という。筆者である野地氏が、現代のホーチミンシティを訪れた記録であるから、近藤紘一に直接言及する個所も少なく、かえって細部が気にかかるのかもわからない。

 ホーチミンには街路樹として、マホガニーが植わっているという。マホガニーは堅く良質な木材である。野地氏はその木に触れ、「拳固で殴ったら骨折しかねない固さ」と書くのだが、大抵の木は力いっぱい殴ったら骨折する。

 

 さて、筆者は「近藤がやった庶民の中へ分け入っていく手法の再現」を試み、食堂で食事をしている。ところで、沢木耕太郎は外国についてわかっていることは、わからないということだけ・・・という趣旨の文章を何度か書いている。「パリとは・・・、アメリカとは・・・」ちょっと旅行しただけで、その国のことを分かったように断定することは危険だということだ。

 私も自らの経験を省みると、わずか数週間のヨーロッパ滞在でなんとなくその国の雰囲気を分かったようなつもりになり人に語ったこともある。これは若気の至り、ということにした。

 「美しい昔」を読むと、野地氏はどうもこの種の断定をする傾向があるように思われる。そして私が不思議に思っていることのひとつは、野地氏は沢木氏と面識があり、あるいは文章の書き方を教わった節がある、ということなのである。この点は私の気がかりなのだ・・・。

 

 前述の食堂は、「ドンニャン」と呼ばれるの大衆食堂のようなのだが、ここで野地氏は「思うに、近藤ナウが経営していた食堂とはドンニャンのような店だったのではないか。近藤はそうした庶民が相席しながら食事をする店の一角に座り、庶民が話していた内容を妻に通訳させて聞いていたわけだ。」と書いた。

 しかし、ナウさんが経営していたお店は、近藤の書くところによれば「彼女は、階下の土間を改装して飲み屋にした。」とある。近藤は、食堂の事を飲み屋とは書くまい、と思う。それに、ナウさんは直前までサイゴンのクラブで働いていたのだ。食堂を経営するとは考え難い。さらに私の想像するところの近藤さんは、奥さんの働く場所の一角に座り、会話の内容を通訳させるほど無粋ではないと信ずる。

 

 その後は、ベトナム女性は気が強いことの検証だが、「ベトナム恐妻日記と」言うブログを現地で書いている方がいるようで、いくつか引用がなされており、こちらの方が面白い。

 

 第6章の終盤で、野地氏は「ただ、ひとつ言えることがある。外国人の男性と結婚する女性は親や兄弟の思惑よりも、自分の意思を大切にするタイプだろう。」と書くのだが、外国人の男性と結婚しない女性は、自分の意思を大切にしていないのだろうか。その答えは自明である。

 

 最後に、街路樹であるタマリンドについての記述については、とてもわかりやすいものであったことを付け加えておく。

 

 

タマリンド苗 実生苗

タマリンド苗 実生苗

 

 

 

 

ユウキ タマリンドペースト 227g

ユウキ タマリンドペースト 227g