Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

イデオロギー雑感

  近藤紘一の著作のうち、人気の高いものは「サイゴンから来た妻と娘」に始まる「妻と娘」シリーズ三部作なのだが、その他の著作に目を向けると、彼が優れた観察者であり、インタビュアーであることがわかる。それらはいずれも「新聞記者」として彼が身につけたものであると思うが、そんな彼の著作の一つに「戦火と混迷の日々-悲劇のインドシナ」という作品がある。

 

 これは、後に「キリングフィールド」という映画も作られた、カンボジア極左ポル・ポト政権による政策によって、地獄のような日々送ることを余儀なくされ、生還した一人の日本人女性の身に起こった出来事を、近藤紘一がレポートした作品である。

 

 現代社会において、わずか40年前に300万人もの死者を出した”政権”があったことを忘れてはならない。これらの犠牲はポル・ポト政権の持った”イデオロギー”に従い政策が実行された結果だ。

 

 イデオロギーというものには、”私”が”個人”というものがない。人々は自ら思考することを止め、イデオロギーの力に従うことになる。そして盲目的にイデオロギーに従う人々は、ときに信じられないような、非人道的な行動を取る。そのもっとも極端な至近例がカンボジアに現れた赤いクメール(クメール・ルージュ)という集団であったのだろう。

 

 さて、原理主義的な共産主義もまた、イデオロギーと言えるだろう。共産主義は数々の歴史的失敗を犯し、今では共産党の一党支配のもと、資本主義的経済を取り入れることにより生きながらえているかのように見える。

 

 本題は、共産主義者の、あるいはこのイデオロギーの持つ”やり方”である。近藤紘一が言うハノイ、つまりは統一後間もないベトナム政府の行動パターンの一つには、先に既成事実を固め、時間をかけて既成事実に現実を合致させるという政治手法?がある。そのような手法で北ベトナム南ベトナムを統合し、40年の時間をかけたことによって現在の発展があるとも言えるだろう。

 

 そんなハノイのやり方を思う時、2017年現在の北京のスプラトリー諸島の埋め立てと海洋基地建設、モスクワの北方領土実効支配という事実に現実的な危機感を覚える。近藤紘一ならば、この現況をどのように分析してくれたであろうか。そんな事を思う。

 

 

戦火と混迷の日々―悲劇のインドシナ (文春文庫)

戦火と混迷の日々―悲劇のインドシナ (文春文庫)

 

 

 

キリング・フィールド HDニューマスター版 [DVD]

キリング・フィールド HDニューマスター版 [DVD]