読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

近藤家の人びと2 -祖父 近藤次繁ー

近藤家の人びと

 近藤次繁は,日本で初めて胃がんの手術を成功させた人物として知られる。近藤台五郎の父,近藤紘一の祖父である。帝国大学でお雇い外国人ユリウス・スクリバ(このスクリバも功績のある人物で,群馬県草津温泉にはベルツ博士と並んで銅像がある。)に学んだ近藤次繁は,帝国大学卒業後も医術の道を歩み続け,次第に名医として名を知られる存在となっていく。

 

 近藤次繁には医師として著名なエピソードがある。明治30年,帝国大学において,無償で野口英世の2回目の手術を行ったのだ。このとき野口英世は21歳,近藤次繁31歳であった。

 医学界に功績を残しながら時を経て,帝国大学を定年退職した後は,駿河台病院を設立し,松本市営病院(現信州大学付属病院)設立※にも関わるほか東京市会議員に当選している。

 

 明治〜昭和期のジャーナリストで,読売新聞社社長や日本新聞協会会長も務めた馬場恒吾の著作に「現代人物評論(中央公論社,1930)」がある。刊行当時の人物,例えば濱口雄幸幣原喜重郎西園寺公望等の明治の元勲に並び,「近藤次繁」の事が記されている。  

 大正6年のことである。馬場恒吾は,頬の出来物の治療を行っていたが,医者の態度に不安を抱き,近藤にいわゆるセカンド・オピニオンを求めた。診断の結果は癌であったが,近藤の手術により馬場は一命を取り留め,戦後まで活躍を続けることになる。

 

 馬場はその文章の最後で以下のように述べている。「只私のみならず,博士に命を助けられた人は幾人あるかもしれぬ。殊に博士の慈愛心と,人格と,比類なき技量をおもふとき,博士が日本に居られる事は,どの位日本人の心を強くするか判らぬ。」大学病院を定年退職し,駿河台病院を開設する近藤に贈られた,最大級の賛辞であった。 

 

 

 松本藩出身であったことから,松本病院の設立にも携わったものと考えられる。市内に胸像も建立されている。詳細は以下のHPに詳しい。肖像写真も掲載されている。

http://www.shimintimes.co.jp/yomi/kyakko/kyakko36.html

 上述のように活躍を続けた近藤次繁は,戦争最中の1944年に亡くなる。近藤紘一,4歳の時のことである。

 

 ※ ↓本文とは直接関連しないものの、興味深い。

明治の人物誌 (新潮文庫)

明治の人物誌 (新潮文庫)

 

 

 

近藤紘一さんに関心のある方、お持ちになった方へ                                                -   乱雑なブログとなっていますが、よろしければぜひコメントをお願いします。近藤さんついて語れる場の一つになればよいな、と思っています。