読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Witness1975’s blog

サイゴン特派員 ジャーナリスト近藤紘一氏について

近藤紘一の足跡2 -そしてサイゴンへ-

 近藤紘一は、1975年に南ベトナム共和国において、ベトナム戦争終結に至る「サイゴンの一番ながい日」を経験することになる。日本の若きジャーナリストは如何にしてその歴史に立会うに至ったのか。 

 

 近藤紘一は、1963年に早稲田大学の仏文科を卒業し、サンケイ新聞に入社した。静岡支局勤務を経て、翌年にはサンケイ海外留学生兼移動特派員としてフランスに渡る。この2年間予定された渡仏には、学生時代から交際していた妻、浩子さんも同行した。その道中は若い二人の新婚旅行の意味合いもあった。

 

 このとき、近藤夫妻はグエン・カーン時代の南ベトナムも訪れている。駐仏大使萩原徹の娘であり、パリで暮らした経験を持つ浩子さんを伴ってフランス語圏のこの地に立ち寄ったのだろう。

 後の著作「したたかな敗者たち」の中で、「今も、はっきり覚えている。あのとき、私は、はるかに連なる緑と水と南国の大空を見渡しながら、自分がいつか必ず、この心広がるような風景の中に戻ってくるであろうことを、予感した。」と書いたように、サイゴンマジェスティックホテルにおいて、近藤は運命的なものを感じている。

 

 そして、「あの夏の朝、私は幸福だった。」ー再びメコンデルタの風景を目にした近藤は、おそらく一種の痛みとともに、このときの事を思い出すことになる。

 

 

 フランス本国に到達した近藤紘一夫妻は,パリで生活を送っていたが,浩子さんは次第に変調を来すようになった。近藤紘一は著作の中で,折に触れてこの変調に気付かなかった事への後悔を述べている。

 長く異国で暮らした浩子さんは、日本において、日本人のアイデンティティーを確立したいと願っていたに違いない。日本に留まりたかった浩子さんと、フランスでの生活を望んでいた近藤。しかし、若い二人は2年間離れて暮らす気にもならなかった。

 フランスでの慣れない生活に余裕のなかった近藤は、フランス語に堪能な妻のぐずつきに当初は構っていられなかったと振り返る。浩子さんの変調が、ついに異国での生活が困難となるに至って,日本へ帰国することとなり,ある日突然浩子さんはその命を自ら絶った。

 

 若干29歳で最愛の妻を失う気持ちというのはどれほどのものか…近藤の後悔は,生あるうちに消えることはなかったと思われる。サイゴン陥落を見届け,次々と新しい土地で生活を送り,その死と向き合えるようになり,「僕は妻を死なせた男です」(太田 1998)と述べるに至る。

 

 近藤紘一の著作のうち,サイゴン陥落に際し混乱の最中で書かれた「サイゴンのいちばん長い日」に,妻を亡くしたから,ヘミングウェイを貪り読んだことが記されている。ヘミングウェイに手を伸ばす前に,極言すれば,彼は一度死んだのではないか…それほどの出来事であったと想像する。

 どうにか自らを立ち直らせ,あるいは死に引き寄せられてなのか。戦地であるベトナムサイゴンへ旅だった。後に近藤紘一のサイゴン支局勤務は,サンケイ新聞特派員の在任最長期間を記録するようになる。サイゴン行きの選択は,意識的にせよ無意識的にせよ,自らを無理やり奮い立たせるためにあえて過酷な場所へ旅立ったかのように私には思える。

 

 そして結果的に,このサイゴンでの日々は,崩壊を迎える南ベトナムとは対照的に,近藤紘一にとっての再生の日々になったのではないか。サイゴン陥落の後,タンソンニュット空港から帰国した紘一は,「サイゴンから来た妻と娘」と共に,東京での生活を送ることになる。

 

 近藤自身はこう記している。

「(サイゴンでの特派員生活を振り返り)・・・私はいろいろなことを教えられた。そして私は、現在の妻と結婚し、サイゴンは、三十歳の私が”生まれた”町となった。ー」

 

 

 

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

 

 

 

太田治子1998 「司馬遼太郎―アジアへの手紙―」の中で

 

司馬遼太郎―アジアへの手紙

司馬遼太郎―アジアへの手紙

 

 

2017.2.9追記

 このブログを訪れて頂きありがとうございます。当ブログは、近藤紘一さんについて、というルールに従って文章を不定期に更新しています。

 Google、やYahoo!の検索ではこの記事が検索にかかっているようなので最もアクセスを頂いている記事(1日に10~40件ほど)ですが、 このブログは、近藤紘一さんについて語る場のひとつになれば、という考えもあって開設したものです。記事は全て、近藤紘一さんに端を発していますので、ぜひ他の記事にも目を通して頂き、いろんな方のお考えもコメント欄を通じてお伺いできれば、と思っています。

 

 最後に、 このブログでは、野地氏の「美しい昔~」で示される解釈について懐疑的な立場を取ります。

 また、近藤紘一氏について検索を行うと、産経新聞記者であった高山氏が週刊新潮に書いたコラム記事において近藤紘一を貶めるような記事を書いたとの情報が見られますが、これは根拠のない記事であると考えます。なにより、近藤さんの急逝後も、ナウさんは日本語学校に通おうとし、記者仲間等を集めてベトナム料理を振舞い、いつかはベトナム料理のお店を開こうとしていたといいます。

 

 今後も、もし御健在ならば、愛する近藤紘一の33回忌を欠かすことはないのではないか、と思うのです。

近藤紘一さんに関心のある方、お持ちになった方へ                                                -   乱雑なブログとなっていますが、よろしければぜひコメントをお願いします。近藤さんついて語れる場の一つになればよいな、と思っています。